坐骨神経痛の原因

医療機関で椎間板ヘルニアなどの病名がつき、その治療を受けても改善しない坐骨神経痛があります。

私の長年の臨床経験から言えること。それは、坐骨神経痛の原因は、一般的に言われている椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因ではないことが多いです。

実際は、太くて長い坐骨神経の走行途中に、神経が圧迫される原因が潜んでいて坐骨神経痛になることが多いのです。

そこで今回は、臨床現場で坐骨神経痛を改善しようと思った時に、神経の圧迫が原因の坐骨神経痛を特定する方法をご紹介します。

その方法とは、以下の3つを指標とする坐骨神経痛の原因特定法です。

3つを指標とする坐骨神経痛の原因特定法

  1. 脊髄から仙骨神経叢を経て坐骨神経になる部分の圧迫
  2. 坐骨神経が深部から浅部に出る部分の圧迫
  3. 坐骨神経の走行途中部分の圧迫

この3つを原因分類の指標にすると診断しやすいです。
それぞれを説明します。

坐骨神経になる神経が、脊髄の出口で圧迫される場合

坐骨神経になる脊髄神経が脊髄の出口で圧迫される場合は、 腰から出る脊髄神経が仙骨神経叢を形成する前の部分に問題がある場合です。この場合に関しては、一般的に坐骨神経痛の原因といわれている以下の3つを原因として診断していいでしょう。
3つとは以下です。

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰部脊椎管狭窄症
  3. 変形性腰椎症

この3つは別のページで、詳しく説明しています。そちらを参考にしてください。

坐骨神経は、仙骨神経叢で、L4~S3(S4含むことあり)から出た神経が仙腸関節の前面で合流して、太い神経の束になります。

坐骨神経痛と仙腸関節の関係

一般的な坐骨神経痛の原因と言われる ①腰椎椎間板ヘルニア ②腰部脊椎管狭窄症 ③変形性腰椎症の3つは、どれも仙骨神経叢を形成する前の段階で起こっている圧迫によるものです。

この場合、脊髄から神経線維が出てくる部分の障害は、医療機関で検査後に病名がつきます。

そのため、お客様がレントゲン写真やMRIのコピーなどを持っていることが多いです。可能なら、お客様にレントゲンやMRIを見せてもらいましょう。

写真や画像などがなければ、口頭で腰椎の何番めで3つの病気が起こっているといわれたかを確認しましょう。

問診により、どこの神経が圧迫されているかがわかれば、坐骨神経痛の原因を特定できます。

梨状筋から浅部に出る部分の坐骨神経が、圧迫される場合

太い坐骨神経が、深部から浅部に出る部分で圧迫されることが坐骨神経痛の原因になる場合があります。この原因は2つ考えられます。

  1. 仙腸関節障害
  2. 梨状筋障害

それぞれ説明します。

仙腸関節障害

仙骨神経叢でL4~S3の各分節から出た神経が合流して坐骨神経の太い束になります。坐骨神経として合流する部位は、仙腸関節の前面部分にあたります。

そのため、仙腸関節の動きが悪かったり、固着していたりするなどの障害があると、体を動かした時にどこかの角度で坐骨神経が圧迫され痛みが起こる場合があります。これが仙腸関節障害による坐骨神経痛です。

仙腸関節障害

仙腸関節は死体解剖すると全く動きません。しかし、生きている間は、仙腸関節はわずかな動きがあるのが正常です。

関節が動かないということは、突き指のような状態です。

突き指になると、外から押したり引いたりした圧を関節で吸収できません。そのため、その突き指した指ばかりがドアやカバンに当たっているように感じて、より痛みを強く感じる場面が多いのです。

仙腸関節が動かないと、前屈した時や足を組んで骨盤の角度を変えた時に、その体位変換による刺激や圧を吸収することができません。すると、突き指と同じように仙腸関節の前面で仙骨神経叢の知覚神経が痛みを感じます。

仙腸関節が動かないときは、体位変換が苦痛だという特徴があります。そのため、「朝起きてすぐに動けない」「寝返りを打つのが辛い」などの症状を強く訴える坐骨神経痛の場合は、仙腸関節障害が原因です。

梨状筋性坐骨神経痛

坐骨神経は、仙骨神経叢で L4 ~ S3 (or S4)から出た神経が集まり、太い坐骨神経の束を形成した後、梨状筋の間から表面に出て来ます。坐骨神経がこの梨状筋を通過する部分に何か問題があると、梨状筋性坐骨神経痛と言われます。

梨状筋性坐骨神経痛

太い坐骨神経が梨状筋を通過して深部から表面に出てきます。解剖書的には、坐骨神経が梨状筋の真ん中を通過するのが6割くらいの方に見られます。残りの4割くらいの方は梨状筋の上や下から坐骨神経が出てきます。

何らかの理由により、梨状筋が坐骨神経を圧迫して起こる坐骨神経痛が梨状筋性坐骨神経痛です。

では、どのような理由が考えられるでしょうか。

梨状筋の起始・停止から見ていきましょう。梨状筋の起始は仙骨の前面です。仙骨の前面から伸びる梨状筋が、PIIS(後下腸骨棘)のすぐ下から後面(大臀筋の奥で中臀筋の下)に出て来ます。梨状筋は、そのままほぼ真横に走って大転子直上に停止します。

骨模型があれば、大転子の上の内側に向いた出っ張りを確認してください。そこが、梨状筋の停止部位です。

臀部にある左右の梨状筋は、それぞれ仙骨前面から出て腸骨の下後腸骨棘(PIIS)の下を通過して大転子に向かいます。そのため、腸骨が後方変異したり開閉したりといった骨盤のゆがみがあると、梨状筋の緊張の度合いが左右で違ってきます。

すると、緊張状態の梨状筋の間を通過する坐骨神経が圧迫されてしまうのです。

また、梨状筋は大転子で停止します。そのため、股関節の変異や股関節の動きが制限されるトラブルがあると、梨状筋は緊張したままになることがあります。

こうした骨盤の歪みや股関節のトラブルを起こす原因は、生活習慣に潜んでいます。

例えば、以下のような生活習慣です。

悪い体勢、悪い姿勢

  • 普段から脚を組んだ姿勢や横座りの生活をしている場合
  • 難産のため、不自然な体勢で息んで骨盤がゆがんだ場合
  • 同じ方向にばかり体をねじる仕事をしている場合
  • 重い荷物を片側にだけもつ仕事の場合
  • 事故や怪我などで、強く骨盤を打った場合
  • 足や膝の怪我で、重心が外側にずれてしまった場合

など、さまざまな原因が考えられます。

梨状筋性坐骨神経痛の場合は、痛みを訴える側の梨状筋が緊張しています。

梨状筋の硬さや圧痛部位、梨状筋を包む筋膜の緊張をチェックして、緊張があるときは、梨状筋性坐骨神経痛を疑いましょう。

2つのタイプを見分ける主訴の特徴

ここまで述べてきたように、坐骨神経が深部から浅部に出る部分の圧迫が原因の坐骨神経痛は、2つ考えられます。

一つは、骨盤がゆがむことによる仙腸関節障害の坐骨神経痛。もう一つが梨状筋の緊張による梨状筋性坐骨神経痛です。

それぞれ診断に役立つ特徴があります。

仙腸関節障害の坐骨神経痛は、仙腸関節が硬くなっているのが原因です。そのため、坐骨神経痛の痛みだけでなく体位変換がしにくい特徴があり、それを原因特定の目安にできます。

もう一つの梨状筋生坐骨神経痛の原因は、骨盤を歪ませたり、股関節の運動が制限されたりするような、梨状筋の緊張を引き起こす生活習慣です。

梨状筋性坐骨神経痛は、坐骨神経が梨状筋から出てくる出口付近(梨状筋の中央付近)に自覚痛があり、他者が圧迫するととても痛むという特徴があります。

坐骨神経が大腿後面走行途中に圧迫される場合

坐骨神経は梨状筋から出た後、太もも – 下腿 – 足に向かいます。その途中で、支配する筋肉に神経を送ります。

坐骨神経の走行途中に問題がある場合

解剖学アトラスプロメテウス第3版より引用

坐骨神経の走行途中に問題がある場合、以下の4つのどれか、もしくは複数に原因がないかをチェックする必要があります。

  1. 大腿方形筋の緊張が原因の坐骨神経痛
  2. ハムストリングの収縮が原因の坐骨神経痛
  3. 膝裏のたるみが原因の坐骨神経痛
  4. 上脛腓関節の障害が原因の坐骨神経痛

骨盤がゆがんだり股関節の運動制限が起こったりしてから時間が経っている場合、一部の筋肉だけが異常緊張を強いられることがあります。

たとえば、右腸骨が後方回旋した場合を考えてみましょう。

大腿方形筋の緊張が原因の坐骨神経痛

大腿方形筋の緊張が原因の坐骨神経痛とはどのようなものでしょうか。

右腸骨が後方回旋すると、坐骨が恥骨方向に少し動きます。坐骨の外側縁は大腿方形筋の起始のため、大腿方形筋が少し引き延ばされて緊張します。

坐骨神経痛と大腿方形筋

大腿方形筋の緊張が原因で坐骨神経を引き起こしている場合、お客様は「お尻の下が痛いです」と訴えます。そのため、お尻のすぐ下に痛みを訴える場合は大腿方形筋の緊張を確認してください。

また、私の経験的には「坐骨神経痛が楽にはなったけれど、まだ痛みます」とお客様が訴えるときは、大腿方形筋の起始部の緊張が取りきれていないことが多いです。

そのような訴えがある場合は、坐骨結節外側縁で大腿方形筋起始部の状態を健側と比較して慎重にチェックしてください。

大腿方形筋の起始と停止が、健側に比べて明らかに緊張していないでしょうか。そのような場合は、大腿方形筋の緊張が坐骨神経痛の治りきらない原因です。骨盤の歪みや股関節の位置を正常にしても坐骨神経痛が臀部に残るようなら、大腿方形筋の起始と停止を確認してください。

ハムストリングの収縮が原因の坐骨神経痛

ハムストリングの収縮が原因の坐骨神経痛とはどのようなものでしょうか。

右腸骨が後方回旋すると、坐骨結節は恥骨方向に動くだけでなく、立位では下方に下がります。下方とは床方向のことです。

坐骨神経痛の原因がハムストリングの収縮の場合

解剖学アトラスプロメテウス第3版より引用

 

坐骨結節は、ハムストリング(大腿二頭筋と半腱様筋・半膜様筋)の起始です。

坐骨結節が少し恥骨方向に動き、少し下に下がるため、ハムストリングの起始の位置が少し前下方向に変わります。

この変化により、ハムストリングの距離が少し縮みます。

一定の距離を保っていたハムストリングが縮むと、大腿二頭筋と半腱半膜様筋の間の筋膜がたるみます。筋膜がたるんで時間が経つと、たるんで近づいた筋膜同士が癒着する場合があります。すると、その癒着が坐骨神経を圧迫します。

お客さまが「太ももの後ろが痛いです」と訴えたら、「太もものどこが痛いのですか?手で触って教えてください」と確認してみましょう。

すると、お客様が坐骨結節のすぐ下に手を当てて「この奥のあたりが痛みます」と訴えるようなら、ハムストリングが収縮している可能性があります。

このように、骨盤の歪みは改善したのに、お客様が坐骨結節の下を触って痛みを訴えるときがあります。このような時は、ハムストリングの収縮が原因で坐骨神経痛が改善しきれていないのではないかと疑ってみましょう。

膝裏のたるみが原因の坐骨神経痛

膝裏のたるみが原因の坐骨神経痛とは、一体どのような状況でしょうか。

膝裏がたわんでいるときの特徴は、膝関節後面(膝窩)の部分がつきたての餅が入っているかのように膨れていることです。その場合、「正座が長くできません」「正座すると膝の裏が窮屈に感じます」と訴えるので、膝窩の状況を確認する必要があります。

膝窩を通過するハムストリングは、大腿二頭筋と半腱様筋・半膜様筋の総称です。大腿骨の下1/3位の位置でハムストリングは内外に分かれます。

大腿二頭筋は膝関節を通過して脛骨の外側に停止します。

半腱様筋・半膜様筋も膝関節を通過して脛骨の内側に停止します。

膝裏のたるみが原因の坐骨神経痛

解剖学アトラスプロメテウス第3版より引用

右腸骨が後方回旋して、坐骨結節が恥骨方向に動き少し下方に下がると、ハムストリングが縮むと前述しました。

この場合、ハムストリングが縮むと起始だけでなく停止にも影響が出ます。当然ですね。ハムストリングは膝関節を通過し内外に分かれるため、筋肉の距離が少し縮むと当然筋膜も少したわみます。

ほんの少しのたわみであっても、時間が経過して筋膜がたわんだままだと、次第に筋膜がたわんだままの位置で固まり伸びなくなってきます。

膝窩で伸びなくなったハムストリングの筋膜の影響は3つ考えられます。

  1. 膝関節付近でたわんだハムストリングが、さらに坐骨結節を下に引き下げる
  2. 膝関節付近でたわんだハムストリング筋膜が癒着し、その癒着が坐骨神経分岐部を圧迫する
  3. 膝関節付近でたわんだハムストリングにより膝関節の動きが制限される

たわんだハムストリングがさらに坐骨結節を下に引き下げる

では、1の膝関節付近でもたわんだハムストリングが、さらに坐骨結節を下に引き下げるとはどういうことでしょうか。

お客さまは、ハムストリングの収縮がある時と同じように、坐骨結節の下を抑えて「ここが痛みます」と訴えます。さらに、手を下方向へ移動させて「ここ(坐骨結節を)から膝に向かっても痛みがあります」と訴えます。

この場合は、膝窩の膨らみに加え、ハムストリングの起始だけでなく停止部も硬く緊張しています。そのため、膝付近のハムストリング停止部のたわみが影響しているかどうかがわかります。

たわんだハムストリング筋膜が癒着し、その癒着が坐骨神経分岐部を圧迫する

2の膝関節付近でたわんだハムストリング筋膜が癒着し、その癒着が坐骨神経分岐部を圧迫するとは、どのような状況でしょうか。

坐骨神経は太ももの下1/3 あたりの位置で、脛骨神経と総腓骨神経に分かれます。たわんだハムストリングの筋膜が癒着したようになって硬くなり、坐骨神経の分岐部を圧迫することがあります。

このような場合、お客様は「太ももの後ろに痛みがあります」と訴えます。このような訴えがあったら、必ずお客様自身の手で触って、痛む部位を教えてもらいましょう。

その部位が太ももの下1/3付近なら、膝裏のたるみが原因で大腿二頭筋と半腱様筋・半膜様筋が内外に分岐する部分で、筋膜が癒着している可能性があります。

この分岐部の深層の大腿骨には大腿二頭筋短頭が付着します。大腿二頭筋短頭が緊張しているために、坐骨神経痛を引き起こしている場合もあります。

たわんだハムストリングにより膝関節の動きが制限される

3の膝関節付近でたわんだハムストリングにより、膝関節の動きが制限されるとはどのような状況でしょうか?

これは、膝関節付近でたわんだハムストリングの長さが、正常時よりも短くなったため膝関節の後ろ側(膝窩)が窮屈になった状態です。膝窩は坐骨神経から分かれた脛骨神経が通っているため、その痛みを感じるのです。

さらに、膝窩が窮屈になっていると膝関節自体の後ろ側の関節腔(関節の隙間)が狭くなります。その状態だと、お客様は「膝に何かが詰まっているようで正座しにくい」「正座はすぐに痺れてしまう」「正座すると膝裏に違和感がある」などと訴えます。

このように、坐骨神経の痛みに加えて膝の違和感を訴えた場合は、膝関節付近でたわんだハムストリングにより膝関節の動きが制限されている可能性があります。その場合は膝の施術が必要になる可能性も考えて問診してください。

以上、述べたように思いがけない膝裏のたわみが原因で、坐骨神経痛が取りきれないことがあります。

また、膝窩で伸びなくなったハムストリングの筋膜の影響は必ずしもどれか一つとは限りません。「車の運転後に立とうとすると脚裏が痛い」と訴えるときは、大腿方形筋・ハムストリングの収縮・膝裏のたわみなどが複合的に影響しています。

これは、坐骨神経痛で時間が経過した場合によくみられる訴えなので、1箇所ずつ確認して原因を特定しましょう。

上脛腓関節の障害が原因の坐骨神経痛

坐骨神経は脛骨神経と総腓骨神経とに分かれます。

上脛腓関節の障害が原因の坐骨神経痛

そして、総腓骨神経は、腓骨頭の下で深腓骨神経と浅腓骨神経にさらに分かれます。深腓骨神経は、腓骨頭の下を回って長腓骨筋起始部の硬い繊維を貫通し下腿骨間膜の前を下方に下ります。

もし、上脛腓関節が動かないとどうなるでしょうか?上脛腓関節が動かないと、体が動いても腓骨頭が脛骨に対してバランスを取るように動けません。すると、腓骨頭につく大腿二頭筋腱や長腓骨筋起始部に大きな負荷がかかり、長腓骨筋起始部は緊張します。

すると、緊張した長腓骨筋起始部を貫通する深腓骨神経は圧迫されます。そのため、深腓骨神経が支配する前脛骨筋、長・短指伸筋、長・短母指伸筋、第3腓骨筋が痛んだり、こわばったりするのです。

一方、浅腓骨神経は長・短腓骨筋を支配しているので、上脛腓関節が動かないと腓骨の外側面が痛かったりこわばったりします。

お客さまが「少し歩くとスネの外側がこわばってきて疲れます(痛みます)」「スネの外側が冷えます」などと訴えたら、上脛腓関節の障害が原因の、坐骨神経痛を疑ってみてください。

このように、上脛腓関節は総腓骨神経の分岐部にあるため、上脛腓関節が動かないとそれ以下の支配区域に痛みやこわばりが出ます。しっかり問診して原因を特定しましょう。

その他

その他の坐骨神経痛の原因として2つ挙げます。

坐骨神経痛の施術を数回行った後に、足の症状を訴える場合

坐骨神経痛の施術を数回(5回〜7回)行ってある程度良くなった頃に、以下のような足の症状を訴える方がいます。

・足指の痺れが取れない
・足裏の一部が知覚鈍麻になっているのが気になる
・足首を動かしにくい

症状がある近くの関節が動いていない

坐骨神経の走行に沿ってここまで述べてきた原因をすべて特定し、その原因に対する施術をすべて施しても、上記のような症状を訴えるお客様がいます。

そのような場合、お客様が「まだ症状が残っている」と訴える患部近くの関節に、動きの制限がみられることがあります。

坐骨神経は運動神経が束になっており、その中には膝から下の知覚神経も含まれています。そのため、膝から下や足に坐骨神経痛によるしびれや知覚鈍磨が起こることがあります。

体には辛い状況が長く続くと、感覚を鈍くしたり麻痺させたりして体を守る防衛反応が備わっています。

このような防衛反応の場合は自覚症状がありません。そのため、感覚が鈍い部分や麻痺した部分がしびれや知覚鈍磨の原因だとは、本人も施術者も気づきにくいのです。

しかし、施術が進むと感覚が鈍かった部位や麻痺した部分の間隔が正常に戻ってきます。すると、お客さま本人が上記のような異常をはっきり自覚できるため、このような訴えをするのです。

古い捻挫や怪我の影響で関節の動きの制限がある

数回、坐骨神経痛の原因と思われる部位を施術して回復しているのに、足から先の症状を訴えるお客様がいます。

その場合は、坐骨神経痛の痛みではなく、訴える部位の関節が十分動いていないことが原因のことがあります。

よく見逃されるのは、お客様本人が忘れているような学生時代の捻挫や、20〜30年以上前の怪我の場合です。

怪我や事故が原因の坐骨神経痛
例えば、過去の捻挫が原因で足首が固くなり、距腿関節や距踵関節が動かない場合です。このようなときは足首を通過する腱が、その腱を包む腱鞘との間で癒着を起こしていることがよくあります。

癒着が起きると当然腱は、腱鞘のなかをスルスルとは動けなくなります。

そのような場合、残った坐骨神経痛の痛みの原因は、距腿関節や距踵関節の動きの制限だったり、腱鞘と腱の癒着だったりします。

このように、坐骨神経痛のお客様に、中枢から施術して末端に症状が残った場合は、症状が残った付近の関節の拘縮や、腱鞘と腱の癒着が原因のことがあります。そして、その部位は10代までの古傷のことが多いです。

坐骨神経痛の原因がなかなか掴みきれないときは、お客様が「まだここが痛いです」という部位に原因が隠れていることがあります。そのため、お客様の訴えに慎重に耳を傾けましょう。

何かの病気が原因で坐骨神経痛を発症している場合

何度か施術しても回復がみられない場合、何か隠れた病気が原因で坐骨神経痛を発症していることがあります。

例えば、帯状疱疹、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、糖尿病などが原因で起こる場合があります。また、病原体の感染症が原因で起こる場合もあります。妊娠して胎児が大きくなると仙骨神経叢が圧迫されて、坐骨神経が痛むこともあります。

通常考えられる外科的原因だけでなく、内科的な原因が隠れているかもしれません。治りが悪い場合は医療機関の受診をお勧めしましょう。

まとめ

一般的に、坐骨神経痛の原因は、脊髄から出た部位がどのようになっているかで判断されるようです。そのため、坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎管狭窄症、変形性腰椎症などが主な原因と言われています。

しかし、私は長年の臨床から、他にも原因が考えられると思っています。

なぜなら、坐骨神経の走行に沿って圧迫されやすい箇所がいくつかあるからです。そして、その部位を確認しながら原因を探っていくと、今まで述べられていなかった原因が見つかったためです。

この方法で、見つけた原因を解消すると、お客様が長年苦しんだ坐骨神経痛が消えていく例を、たくさん見てきました。

今回は、坐骨神経が深部から浅部に出て来る仙腸関節や梨状筋の異常が原因の坐骨神経痛について説明しました。

さらに、坐骨神経の走行途中である①大腿方形筋  ②ハムストリング  ③膝裏  ④上脛腓関節に、坐骨神経を圧迫する原因が隠れていることをお伝えしました。

神経の走行は中枢から末端へ向かうので、施術も中枢から末端へ追いかけ、原因を類推しながら施術していく形になるでしょう。

また、坐骨神経痛を発症して時間が経つと、原因は単独ではなく複数ある場合がほとんどです。

坐骨神経痛の施術を進める過程で後半になる程、大腿方形筋やハムストリングの緊張が残っているのが坐骨神経痛の原因となっている場合があります。

また、膝裏のたるみや上脛腓関節の障害が原因のことも見逃さないようにしましょう。

お客様の主訴を参考にしつつ、自分でも坐骨神経の走行をイメージして、痛みの原因がどこにあるかをしっかり見極めましょう。

そうすれば、どのような症状を訴える坐骨神経痛もしっかり仮説が立てられ、施術できるようになります。

無料で、3週間学びお客様の症状の原因特定ができる動画を手に入れる