整体業界はコミュニケーションが苦手なので、一匹狼で生きていけるとこの業界に入った先生も多いと聞きます。

しかし、やはり現場では人対人の関係構築は、コミュニケーションの良し悪しにかかっています。

  
私は、お客様に本気でよくなってもらいたいと思うなら、施術家は一貫性を持って通院の必要性をお客様に訴える必要があると思っています。

HP・広告の内容 → 電話での会話 → 院内での会話に一貫性が必要なことはわかったけれど、「具体的にどうするの?」と、あなたは感じるかもしれません。

そこで今回は、コミニュケーションを動画でご紹介します。


初めての方への電話対応

ルルルル・・・・と電話がなりました。

はじめてのお客様はドキドキしています。

もちろん電話を受ける方も緊張しています。

そこで、はじめてのお客様が、つい予約したくなるコミュニケーションの進め方をご紹介します。

あなたが、腕に自信があるなら、お客様はよそに行かないであなたの院に行くことが、お客様にとっていいことのはずです。

あなたのターゲットである場合は、しっかり予約を取れるようにしましょう。

では、動画で具体的にご確認ください。↓↓↓↓↓

あなたの院に合わせてアレンジして上手にご活用くださいね。