パーフェクト整体では膝の治療をする場合、膝蓋骨(膝のお皿)の操作もとても重要だと考えています。

最近、私自身(片平悦子)の膝が痛くなってきました。

1日中正座してパソコンとにらめっこすること1週間。

ひざ痛

すると、立ち上がるときにすっと立てません。

膝周りがミリミリと痛みます。

立ち上がってしばらくすると痛みは全くないのですが、その後正座するのが怖くなりました。

「ああ、人はこんな風にして正座しなくなっていくんだなぁ」としみじみ思いました。

そして、自分が膝を痛めたことで新しい膝蓋骨(膝のお皿)の施術法を開発できたので、今回はその話です。

膝蓋骨が関与するひざ痛の症状

膝蓋骨(膝のお皿)がうまく動かないと起こる症状をあげてみましょう

  • 床に膝をつくときに膝頭が痛い
  • 膝蓋骨(膝のお皿)の上に痛みがある
  • 膝蓋骨(膝のお皿)の上がつっぱる
  • 膝を使うと膝がガクガクする
  • 膝が伸びきらない
  • 何かの拍子にガクッと膝が抜ける
  • 膝が痛くて深くしゃがめない
  • 床から立ち上がるとき膝に力が入らない

膝蓋骨が関与する症状は上記のようなものです。

パーフェクト整体で検査・施術するときは今までは下肢を伸展した状態でのみ行っていました。

しかし、最近私の膝が痛くなり入浴中に膝蓋骨(膝のお皿)を動かしてみても完全に症状が消えません。

困った、どうしようとあれこれ膝を動かしていたところ、ピピ〜ンとひらめきがありました。

「動かしたらいいんじゃないの」というインスピレーションでした。

そこで私は、伸展していた膝を曲げて膝蓋骨(膝のお皿)を動かしてみました。

すると、膝伸展位では四方八方に動いていた膝蓋骨(膝のお皿)が、膝関節屈曲位では動かない方向があることを発見したのです。

そこでその動けない部分の膝蓋骨(膝のお皿)につく関節包を伸ばしながら緩めて、さらにまた深く膝を屈曲して膝蓋骨操作をしてみました。

すると、膝関節伸展に戻したら膝蓋骨(膝のお皿)が最初よりガクンガクンと動くではありませんか?

そこで色々なお客様に試したところ一様に良くなられるので、これは伝えねばと思った次第です。

パーフェクト整体|膝蓋骨(膝のお皿)の関節包をチェックする

過去にパーフェクト整体を習った先生はこの文章だけでわかると思います。

しかし、初めての方は何のことかわからないと思いますので簡単に説明しましょう。

下記のイラストの緑色の部分が関節包です。

膝蓋骨 関節包

イラストのように膝蓋骨(膝のお皿)の上は、関節包が折れ曲がった状態で付いています。

理由は簡単です。

深く膝を曲げたときに伸びるためのゆとりとして、関節包が長くあるのです。

膝蓋骨(膝のお皿)上端の長い関節包のおかげで、正座した時でも膝蓋骨(膝のお皿)の上がつっぱらない状態で座ることができるわけです。

ところが、加齢運動不足でイラストの膝蓋骨上端の折れ曲がった関節包が使われないと、どうなるでしょうか?

関節包は使わないのでだんだん弾力がなくなり、ゆっくりゆっくり癒着したようになってしまい膝関節屈曲時にうまく伸びなくなってしまいます。

すると、最初のご説明したような症状が出てくるわけです。

施術においてはもちろん、膝関節(大腿脛骨関節)の状態もよくする必要がありますが、膝関節で稼働が大きい膝蓋骨(膝のお皿)の動きもとても重要です。

パーフェクト整体は検査法=膝蓋骨(膝のお皿)の関節包をチェックした方法で施術する

関節包の伸びを検査して、十分伸びるように操作するのが施術方法になります。

このブログは、パーフェクト整体を卒業した方をイメージして書かれています。

そのため通常、施術法は紹介しないのですが、今回は新しく発見した施術法ということもあり動画でご紹介します。

まとめ

老化は足からとよく言われますが、下半身がうまく使えないと一気に体は不自由になり活動範囲が狭くなります。

この動画があなたの院のお客様に役立つようにと願っております。

無料で、3週間学びお客様の症状の原因特定ができる動画を手に入れる