お金は循環しています。その循環の輪の中に入ればいつも目の前にはお金があるのが普通です。

ここでは、どのようにしたら、お金の循環の中に入ることができるのかをお伝えします。

お金の考え方

お金は水と一緒です。

あなたが水道の蛇口をひねれば、水が出ていつでも水を飲むことができます。
お金

その際、水はどうしてどのように発生するかや、水の流れはどのようになっているのか知らなくても関係ありません。蛇口をひねればいいだけです。

この蛇口をひねって水を出す行為が、お金に当てはめたら何をすることなのかを知れば、あなたはいつでも自由に使うお金を手にすることができます。

初めて、このことを本で読んだ時は衝撃でした。

なぜなら、この話はここまでで終わりで、具体的にどうすることなのかが書かれていなかったからです。

貧乏から抜け出したいと切に願っていた当時の私は、蛇口をひねるだけでお金が自由に手元に流れてくるなら、誰でもいいからすぐにその方法を教えて欲しいと思ったものです。

しかし、現実には誰も教えてくれる人は現れず、15年ほど本を読んだりDVDで勉強したりセミナーに出たりして、自己投資しまくり・・・もがき続けて・・・ようやくわかったのです。

今回は、その蛇口をひねる方法をご紹介します。

お金の蛇口の開閉方法

お金のパイプがあるとしましょう。そのパイプの蛇口をひねる行為は簡単です。

どちらかにひねれば閉じ、どちらかにひねれば開きます。

私たちが、他の誰かに対して、奪う気持ちで行動するとお金の蛇口は閉まります。

逆に、他の誰かに対して、与える気持ちを持ちで行動するとお金の蛇口は開きます。

具体的に整体の仕事に当てはめ、施術者が施術を延長して料金が上乗せされる場合を考えてみましょう。

施術者が、心の中で「この頃売り上げが落ちているから、時間を延長して目の前のお客様からお金をもらおう」と思って施術したとします。

このとき、お金の蛇口はしまります。もちろん、施術後にお客様は料金を払ってくれるでしょう。

しかし、施術者の気持ちはお客様に見透かされています。「自院の売り上げアップに利用された」と感じたお客様は、2度と来院することはありません。

奪う気持ちで行動することは、お金の蛇口をしめる行為です。

奪う気持ちとは、自分さえ良ければいいという考え方のことです。

同じように時間を延長しても、施術者が心から「お客様を早く楽にしたい」と願って施術したときは、お客様は敏感にその気持ちを感じて施術を受けています。

施術後にお客様は、お金を払いながら心から感謝しています。このお客様は、何度か通院して早く良くなろうと前向きにもなります。そして、本当に良くなったら口コミもすることでしょう。

与える気持ちで行動することは、お金の蛇口を開ける行為です。

与える気持ちとは、相手のためになろうという考え方のことです。

同じ時間延長の施術でも、施術者が心の中で何を想っているかによって逆の結果になるわけです。

奪う気持ちはお金の蛇口を閉め、与える気持ちはお金の蛇口を開けるのです。

このような単純なことに気づけない理由は、想いから結果までの間に時間がかかるからです。

水道の蛇口をひねるとすぐに水が出てきます。

しかし、お金の蛇口は、ひねってから時間を経ないとお金が出てこないので、その因果関係になかなか気づけないというわけです。

お金は循環している

お金は、水ととてもよく似て循環しているものです。

清水が湧き、せせらぎが川となり、湖や海につながります。やがて、雲となり雨が地面を打ち地下に戻った水はまた清水になり循環しています。

これは動画にしてありますので、下記からご覧くださいね。

この動画のポイントは、3つです。

1、恩返ししたいという気持ちを持つ
2、感謝の心を持つ
3、たくさん税金を払えるようになると思う努力をする

この3つがお金の循環の輪に入るポイントです。

まとめ

今回は、学校では教えてくれないお金についての考え方を書きました。

儲けられれば気持ちなんか関係ないという方もいるかもしれません。

しかし、お金を得るなら支払う人から感謝されながらお金を受け取りたいものです。

そのために必要なことはたったひとつ。

奪う気持ちではなく、与える気持ちで行動することです。

さらにお金が貯まってきたら、お金は循環するものだという意識を持ちましょう。

すでに与えられていることに感謝し、恩返しの気持ちを持ちましょう。

そして、自分の能力や時間を使って、どのようにお金を循環させられるかを考え行動しましょう。

すると、ゆっくり感謝されながら大きなお金の循環の輪に入っていくことができます。