ムチウチのお客様に施術前の問診をするにあたり、どのようなことを聞けばいいのでしょうか?

交通事故後 ムチウチ

ここでは、新規のお客様がムチウチだった場合と、既存のお客様がムチウチになった場合について考察します。

ムチウチの新規顧客に問診で確認すること

ムチウチの症状は人それぞれです。そこで、あれこれ質問をして施術ポイントを見つけましょう。

交通事故の日時を確認する

交通事故で整体院を訪ねてくる場合、多くは医師の診断を受けてから来院します。

そのため、急性期と言われる1週間を過ぎ慢性期に入っていますのでその時点で適応症と判断して大丈夫です。しかし、念のため担当医師から施術の許可を取ったかを確認しましょう。

交通事故直後は、被害者は動揺しています。突然のことに緊張し痛みを感じていないことがあります。

しかし、首がガクンとムチのようにしなった追突事故の場合は、1週間ほどしたあたりから首痛や頭痛だけでなく、腰に鈍痛を感じることがよくあります。

逆に腰を打ったのに、ひどい頭痛や吐き気するほどの肩こりになることもあります。

私はこの理由は、急激に脊柱に大きくしなるような刺激が加わったために、時間とともに脊髄を包む硬膜が緊張するからだと思っています。

なぜなら、臨床現場では交通事故後1週間したあたりから首だけではなく腰まで痛み出したお客様に、硬膜調整をすると腰痛が取れることがよくあるからです。

このように、「事故直後」「急性期」「慢性期」では痛みが変わることがあるので、交通事故の日時を確認しましょう。

ぶつかった方向を確認する

同じ交通事故でも、どの方向からぶつかったかで施術のポイントが変わります。

交通事故

 

前正面や後ろ正面方向からぶつかった場合は、椎間関節や前縦靭帯や後縦靭帯のダメージを検討します。

横からぶつかった場合は椎間関節のダメージがメインかもしれません。

斜めからぶつかった場合はその複合です。

またどの方向からぶつかっても、硬膜の緊張が起こる可能性は無視できません。

ムチウチで不定愁訴がある場合は、追突事故による硬膜の緊張のため、脳脊髄液の生成循環に問題が生じている可能性を疑ってください。

そのため、問診ではどの角度からどのようにぶつかったかを詳しく聞いてみましょう。

例えば、以前交通事故で隣県から治療を受けに来たお客様は、タクシーに乗っていて下を向いた時に追突されました。そして、右のおでこを前シートに斜めの角度でしたたかに打ち付けたそうです。

医師の診断では異常なしだったのですが、日ごとに頭痛がひどくなって来院されました。

よく診ると、右おでこの対角線である左ラムダ縫合が膨らんで固くなっていました。そのせいで脳脊髄液の生成循環が阻害され頭痛が発症していたようです。当該部位の調整をすることで、そのお客様は3回の治療で激しい頭痛が消えました。

また、交通事故の後遺症で20年も悩んでいる女性が来院したことがあります。

彼女は事故直前にルームミラーで異変に気づき、後ろを振り向いた途端追突され、シートベルトが胸に食い込むように感じたと言います。

当時彼女は、左ハンドルの車に乗っていたそうです。拝見すると左の胸郭がほとんど動いていません。呼吸も浅く軽く触れただけで痛がります。時々キューッと左胸が苦しくなるとのことでした。

そこで、全身の膜バランスを整え、骨格矯正をして最後にたどり着いたのは胸郭の裏側、左胸壁膜の硬さでした。

その左胸壁膜の硬さを解除して初めて、彼女は「もっと早くに出会いたかった」とニッコリされました。

このように、交通事故ではぶつかった角度により硬膜や深膜にダメージが及ぶことがあります。

硬膜にもダメージが及んでいるかもしれないと思った時は、脳脊髄液の生成・循環をいい状態にできる「モゾモゾ体操」を紹介して、実際に体操してもらいましょう。(モゾモゾ体操について詳しくはこの記事の最後に紹介します)

この「モゾモゾ体操」で変化が出る場合は、硬膜の緊張や脳脊髄液の生成循環のバランスが崩れたことが、交通事故後の苦痛の原因だと判断できます。

胸壁膜や腹壁膜などの硬さは、背骨の硬さや肋骨の硬さが取れて来ないと判断できないことがあります。

そこで、施術の経過を見ながら、「もしかして胸壁膜や腹壁膜にも追突のダメージが及んでいるかもしれない」と頭の片隅に置いておきましょう。

すると、施術ポイントを外すことなく改善に導くことができます。

保険適用に際して必要な3つの確認

交通事故によるムチウチで来院する場合、交通事故に慣れているお客様はほとんどいません。そこで、保険適用を希望されるお客様には、施術前に3つのことを確認してください。できれば、電話があった時点で確認できるといいです。

  1. ムチウチのお客様が警察に連絡し事故証明をもらっているか
  2. 医師の診断書があり通院しているかどうか
  3. 保険会社に連絡して施術料金を支払ってもらえる確認をしているか

この3つが確認できていないと、お客様が自費で施術料金を払ってくれない場合、どこにも施術料金を請求できなくなりますので注意してください。

ムチウチの症状から原因を予想し、施術ポイントを探る

お客様のムチウチの症状を聞くと、症状の原因がどこにあるかと施術ポイントはどこかがある程度判断できます。

頚椎(頭蓋骨含む)が原因と考えられる症状

  • 腰痛や足しびれ
  • 嚥下障害
  • 頭痛:特に低気圧が近づいているときに頭痛がひどくなる傾向がある。吐き気を伴う頭痛になることもある。
  • 首の痛み:コルセットで首が固定されている場合や首のどこかが腫れている場合はまだ炎症が残っている。胸鎖乳突筋が突っ張る
  • 目の痛み:目の奥が痛い、目がかすむ
  • 耳の異常:耳鳴りや耳閉感が突然襲ってくる
  • 原因不明のめまい

胸椎や肩甲骨が原因と考えられる症状

  • 腕が上がらない、しびれる、だるい、痛みがある
  • 背中の張りやこりがある
  • 胸が痛い


硬膜の異常が原因と考えられる症状

  • 立ちくらみする
  • 痛みが移動する
  • 寝起きの寝返りがきつい
  • 朝起きられない
  • 脳脊髄液減少症と言われた
  • 身体中がいつもだるい
  • 鈍痛がある
  • 事故後に不眠になり熟睡できない

原因は単一ではないことが多いので、総合的に判断する必要があります。
また、交通事故以前から肩こりや腰痛があった場合は、より原因特定が難しくなります。
慎重に問診しましょう。

ムチウチのお客様に対するアドバイスで心がけること

ムチウチのお客様は、時間が経つと体の痛みだけでなく精神的なストレスが増えます。

お客様が休職していた場合は、「仕事復帰できるだろうか」「いつ復帰できるだろうか」「仕事復帰しても今までのように働けるだろうか」など様々な不安を抱えています。

交通事故の後遺症に関しては、3ヶ月で改善できるというのが医師や保険会社の共通認識です。そこで、少なくとも事故後3ヶ月までの間になんとか改善できるようにしたいものです。

ムチウチの場合、本人の不安が回復に影響するため施術者は施術するだけでなく、上手にお客様の不安を解消してください。

例えば、

  • 「お客様の場合は〜〜なので最初の2週間は辛いかもしれませんが、そのあとは快方に向かうと思います」
  • 「お客様の症状が〜〜になったら復職を考えても大丈夫です」

という具合に、先の希望が見えるような話し方を心がけましょう。

お客様の不安を解消する適切なアドバイスができると回復が早まります。

事故後1ヶ月以内のお客様へのアドバイス

1、急性期は無理しない

急性期は1週間と考えるといいです。急性には安静にすることが一番なので無理しないように伝えましょう。

2、入浴は体の状態による

「お風呂は普通に入っていいですか?」と、お客様から聞かれることがよくあります。

お客様がいつものように入浴してみて、問題なければもちろん大丈夫です。
しかし、入浴後に気分が悪くなるとか患部がズクンズクンうずく時は、内部にまだ炎症があることを示しています。

そのような場合は、長風呂しない、シャワーで済ませるようにアドバイスしましょう。またこの場合は、内部の炎症を取るために患部を冷やすようにアドバイスしてください。

事故後2〜3月目のお客様へのアドバイス

1、姿勢に気をつける

日常生活ができ、仕事復帰できそうな状態まできた方には、起きているときの姿勢をアドバイスしましょう。

尾骨から頚椎まで、背骨は節がある竹のようなものです。背骨は竹のように前後・左右に、しなるように動いて全体としてバランスを取ります。

もし首が苦しい場合は、首を固定するのではなく骨盤の位置を変えることで首が楽になることがあります。お客様の状態を見て、必要に応じてアドバイスしましょう。

2、適切な枕の高さとは

ムチウチの方が就寝する場合、枕の高さはどのくらいが適切か相談されることがあります。

ムチウチの症状がある間は、寝つきがいい高さがベストです。多くの方は、横向きが楽だと思います。

ムチウチで横向きに寝る場合の枕の高さは、お客様の肩先から耳までの距離の高い枕が寝やすいです。

そこで、施術の最後に枕の高さがどのくらいがいいか毎回測ってあげましょう。施術で肩甲胸郭関節が動くようになると、低い枕の方が楽に寝られるようになります。

既存客がムチウチになった場合は早く施術を開始する

ここまで、ムチウチで初めてのお客様が来院されたときの対応を紹介してきました。

では、既存客がムチウチになった場合はどうしたらいいのでしょうか?

パーフェクト整体的には、既存客には事故後1日も早い治療をお勧めしています。

もちろん、新規顧客と同じようにどのような状況で事故になったかを詳しく聞いてください。

医療機関を受診して診断書をもらうと医師は「急性期は安静にしてください」とアドバイスします。しかし、被害者本人が少しでも早く整体施術を希望する場合は、早いほうがいいことも事実です。

理由は2つあります。

術者が既存客の体の良い状態を知っているため

施術が終わった既存客の場合は、お客様のベストな状態を術者が知っています。
そのベストな状態と事故後の状態がどの程度ズレているかがわかれば、治療は容易です。

膜や骨をいい状態に戻すと最短で体が回復するため

ムチウチは身体に突然急激なショックが加わったことで起こります。そのため、ショックを受けた反応として、体には修復のための色々な変化(症状)が現れます。

体の修復過程で症状が出ているため、事故後に症状が悪くなっていくのは治療してもしなくても同じです。

しかし、膜や骨が治療してあると、急性期を過ぎてから明らかに回復に差が出ます。

事故後、いかに早く治療を回復したかで回復の度合いが違うのです。

事故後に医師の診断を受けた後、早い段階で施術しても事故後の症状は同じように悪化します。ところが、症状のピークを過ぎると、体は目に見えて回復していきます。

わかりにくいかもしれないので捻挫を例にして説明しましょう。

捻挫した足を、足根骨のズレを治さないまま腫れが引くのを待つと、なかなか腫れが引かないだけでなく痛みが取れません。

そこで私は、既存客で信頼関係があるお客様なら、連絡があったら捻挫当日でも施術して骨を正しい位置に戻します。

すると、施術中から痛みが消え、30 〜 50%は腫れが引きます。あとは残りの腫れが引き、伸びてしまった靭帯や関節包が回復するのを待つばかりとなります。

同じように交通事故で頸椎捻挫と診断されて、安静にしていてもなかなか痛みが引かないことがあります。

そこで、事故後のなるべく早い時期に施術をして、体の膜や骨格のバランスを整えておけば、あとは、足首の捻挫と同様です。施術後しばらく待ち、急性期がすぎると素早く回復していきます。

もちろん、追突した部位により足ほど簡単ではないことはよくあります。

それでも、膜や骨がずれたままで安静にしているよりは、正しい位置に戻せるものは戻した方がいいです。事故後のなるべく早い時期にすぐさま膜や骨格の歪みを戻しておきましょう。

そして、そのあとお客様の自然治癒力を考えて施術すると、間違いなく3ヶ月以内に元の体に戻ることができます。

そのため、既存客が事故にあった場合は、医療機関受診後になるべく早く施術することをお勧めしています。

まとめ

交通事故は突然起こるものです。

そのため、交通事故後のムチウチは、お客様にどのようにすれば最短でよくなれるのか常日頃から考えておくことが大切です。

初めてのお客様の場合は、今まで述べたことを参考にしながら慎重に問診して施術しましょう。

逆に、既存客で体を一度いい状態に戻してある場合、そして信頼関係がある場合は、医療機関受信後なるべく早く施術をして、回復できる体づくりをして差し上げましょう。

事故後にその症状がピークまで行くのは、事故に対する体の反応のため施術してもしなくても一緒です。

しかし、事故後のなるべく早い段階で施術してあると、ピークまで行った後の回復が全く違います。
信頼関係があるお客様なら、なるべく早く施術することを理由とともに提案しましょう。

「参考」

モゾモゾ体操は、素人でも自宅で脳脊髄液の生成・循環を正常に戻せる体操です。
詳細は下記本またはアマゾンでDVDを購入できますので必要な方は参考にしてください。

『モゾモゾ体操であなたの体がみるみる生きかえる!』
https://amzn.to/2KAXcc6
『モゾモゾ体操DVD』
https://amzn.to/2lMcz3c

無料で、3週間学びお客様の症状の原因特定ができる動画を手に入れる