更年期とは、閉経前5年と閉経後5年のことを言います。


問題は、閉経がいつ来るかは当人にもわからないことです。

心身の倦怠感を覚える更年期の症状を、家族や周囲に理解してもらうのも難しいでしょう。

そのため、40代以降の女性は更年期対策として整体院やマッサージ院を訪れることが多いものです。

整体では、ホルモンなどの内分泌系をどうすることもできませんが、一つだけできることがあります。

ここでは、更年期女性に対してできる対処法をお伝えします。

更年期の原因

最近は、30代後半からもみられる更年期の症状。

更年期症状の根本原因は、卵巣が卵子を全て放出して役目を終え、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンを作らなくなったからです。

更年期の症状

更年期の症状には個人差が大きく、倦怠感や筋力低下で済む方もいれば、寝込んでしまうほどの重い症状に苦しむ人もいます。

重い症状で日常生活に支障が出てくると「更年期障害」と呼ばれます。

そのような「更年期障害」の方々の場合は、必ず医療機関で検査したり治療をしたりしています。

それでも少しでも楽になりたいと思って来院する方が多いです。

私の経験的には整体院を訪れるお客様の更年期症状は、大きく2つに分けられます。

閉経前5年の症状は主に運動神経系のトラブル

閉経前5年の更年期症状として多いのは運動神経系のトラブルです。

例えば、頭痛・肩こり・腰痛・ひざ痛などが代表的です。

閉経後5年の症状は主に知覚神経系のトラブル

一方、閉経後5年の更年期症状として多いのは知覚神経系のトラブルです。

例えば、ホットフラッシュが代表的です。急に汗をかいたかと思うとしばらくすると寒くなって体温調整が難しくなります。

めまいシビレ手足の冷えなども知覚神経系のトラブルです。

また、食べ物の味がわからなくなる味覚異常や、コーヒーや生姜の香りがわからないなどという嗅覚異常になる方もおられます。

仕事や家庭環境が変わる時期特有のプチうつ

丁度、多くの方が更年期に突入する40代は、仕事の責任が重くなる時期でもあります。

子供が離れていき、人によっては親の介護の問題が出てくる時期です。

このように、更年期の症状は女性ホルモンの減少だけでなく、仕事や家庭環境などの変化に伴う心理的要因も関係してきます。

そのため、個人差が激しく、様々な症状として現れてきます。

症状は様々!でも、整体院でできることが一つだけある

整体院ごとに、更年期のお客様に対して行える手法は違うでしょう。

しかし、手法が違ってもできることが一つだけあります。

それは、血液循環を良くすることです。

なぜなら、ホルモンなどの内分泌系は直接血液中に放出されるからです。

ホルモンの量をコントロールはできませんが、ホルモンが放出された血液の流れを良くすることはできます。

そして、その一番いい方法が「モゾモゾ体操」です。

「モゾモゾ体操」は、2012年に私が突然インスピレーションで発見した方法です。

「モゾモゾ体操」は、3つの体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)を最適化し循環させることができます。

例えば、最近ハワイ在住女性セラピストの先生から嬉しいお便りが届いたのでご紹介します。

<div style=”padding: 10px; margin-bottom: 10px; border: 1px solid #333333; background-color: #ffff99;”>

「モゾモゾ体操」デビューで、歩けないほどの腰痛がなんとかなったという50代友人の話をシェアさせてください。

ここ数日、友人5人のLineグループ内のひとりが、更年期の体調不良に輪をかけて、ぎっくり腰で動けなくなるという事態になりました。

いろいろアドバイスを書いても、遠いところにいてまどろっこしく、「そうだ! Youtubeで「モゾモゾ体操」と検索して、
ベッドの中で寝る前と起きてからしてみて!」と伝えてみました。

すると翌日、朝少し気持ちが良く感じて、歩けるようになったとのこと。

少し前にも自分の引っ越しや、入院中のお母さんの転院などが重なって、夜間に動けなくなり救急で痛み止めをもらったり、
何かのときに頼りにしているカイロの先生の施術を受けたりしたばかりでした。

カイロで緩んだところに、

・普段からの姿勢の悪さや長時間のデスクワークが影響したり、
・ヨロイのように腰の筋肉を固くしてかろうじて支えていたものが、緩んで支えがなくなってしまったのか、

生まれたてのバンビのようになら歩けると、朝起きたら動けないというのを2、3日繰り返している状況でした。

ところが、「モゾモゾ体操」を夜寝る前と朝の2回しただけで、その日からなんとか仕事を1日できるようになったとのこと!

「もう、これ以上仕事をためこんだら首になっても仕方ない~~」と言っていた彼女は、藁にをもすがる思いで、モゾモゾしてみたようです。

「更年期だし、カイロの先生がゆるめてくれている分、悪い姿勢などでもっと悪くなるので注意してね」

ということと

副作用のない「モゾモゾ体操」なので、続けてやってね」ということを伝えました。

多分、お昼休みにもカイロの施術をしてもらえることになったのと、「モゾモゾ体操」のように、自分にもできることがあるという安心感も加わったのだと思います。

更年期の不定愁訴が軽くなりすごく明るい文面になって、こちらもほっとしたところです!

そのグループの他のメンバーも同年代なので、多かれ少なかれ皆、更年期との戦いと腰の悩みをもっています。

ひとりは早速、「自分もモゾモゾしてみたら気持ちが良いよ~」と書いてきてくれました。

「モゾモゾ体操」で、仙腸関節を中からゆるめられれば、ぎっくり腰でヨロイのように固くなっている腰表面の筋肉を緩めてしまってかえって歩けなくなるという事態をさけることができます。

また、すぐに施術してあげられない患者さんからヘルプの連絡がきたときにも、「Youtubeで「モゾモゾ体操」を見てやってみて下さい」ということもできると思いました。

もうひとり友人からの書き込みです。

→「モゾモゾ体操」うちの母もやってるよ!背中痛めてもう6年経つけど、この世の終わりみたいな様子だったのが、ハツラツとしてきた。エツコ先生、サンクスです!」

  </div>

&nbsp;

まとめ

このように、ホルモン等の内分泌系は、私たち施術家が立ち入れる領域ではありません。

しかし、血液循環をよくし体液循環を最適化できる「モゾモゾ体操」をお伝えすれば、自宅にいながら体調が良くなられる方は相当数おられます。

それは、拙著出版後に500通を超える感謝メールが届いたことからも想像できます。

嬉しいことに「モゾモゾ体操」は、更年期の不定愁訴だけでなく、体液循環の不調で歪んでしまった体の歪みも徐々に改善できます。

更年期の症状は本当に辛いものです。

かといって、整体やマッサージを毎日のように受けることはできません。

施術と「モゾモゾ体操」を上手に組み合わせてお客様の苦痛を少しでも改善できたらいいですね。

ちなみに「モゾモゾ体操」のやり方は、こちらで見ることができます。

https://youtu.be/GjZ71Cg2oOY

また、この度「3つの体液を流せば健康になる」が三笠書房から文庫本になりました。

「モゾモゾ体操」がなぜ効くのかを知りたい方は、文庫本も読んでみてくださいね。

https://amzn.to/2ND7SGj

 

実を言えば、モゾモゾ体操が効く方は、パーフェクト整体的には蝶形後頭底結合を調整する必要がある方々です。

ただ、蝶形後頭底結合を調整する方法はとても繊細なタッチが必要です。

そのため、パーフェクト整体スクールを卒業され、一定レベルに達した先生にのみお伝えしております。

ご了承くださいませ。

無料で、3週間学びお客様の症状の原因特定ができる動画を手に入れる