片平悦子 経歴

1979.3 – 大手製薬会社退職
1983.3 – はり師,灸師、あん摩マッサージ指圧師資格取得
1983.4 – 東北大学医学部解剖教室研究生
1984.5 – 金沢大学医学部解剖教室で学生さんと1年間解剖実習
1985.7 – 仙台市で「片平治療室」開業
2004.7 – (有)オステオパシーヒーリング設立
2008.4 – 「ヒーリングセンターヘルメス」代表
2010.4 – 「女性治療家塾ヘルメス」主宰
2012.1 – 上京して自らパーフェクト整体塾での指導に当たる
2014.1 – 一社)日本パーフェクト整体普及協会設立
2016.10 – 単身ハワイに渡り「パーフェクト整体クリニック」オープン
2017.6 – ハワイ州マッサージライセンス取得

 

ごあいさつ

片平悦子はじめまして!

パーフェクト整体創始者の片平悦子と申します。

「パーフェクト整体」は私が25年の整体経験から「このようにすると全身260以降ある関節が、あるべき位置に戻せる」ということがわかったのでメソッド化した方法です。

塾ではその「パーフェクト整体」をお教えしました。そして、2012年から2018年までの7年間で、300名を超える施術者が卒業していかれました。

振り返れば、どなたも在籍中は一生懸命に勉強されていました。

しかし、卒業後は3つのタイプに別れていったのです。

  1. どんどん自信を深め売り上げを伸ばしている先生
  2. 技術は素晴らしく上達したのに、施術に自信が持てない先生
  3. 別の手法に移行したor時々一部パーフェクト整体を使う先生

タイプ1,2,3の割合は、なんとパレートの法則通りほぼ、[20:60:20] でした。ちょっとびっくりですが現実です。

そこで、2のタイプの先生を助けたいと私の方が悩み始めたのです。

何を提供したら、施術者は自信が持てるのか

上述した2タイプの、技術力はあるのに施術に自信が持てない先生に対して、何を提供したらいいのだろうと、本当にずいぶん悩みました。

先生の話を聞くために、直接院に伺うこともありました。その結果わかったことは、施術以前の部分に問題があるということです。

施術以前とは、下記イラストの原因を特定する部分でした。

そこでこのサイトでは、紹介が少しずつ増えてきて月収が50〜70万を超え始めた先生を対象にしています。

そのような先生は、紹介が増えるに伴い「五十肩」「ギックリ腰」原因不明の「股関節痛」などのお客様が増えてることでしょう。

「紹介は嬉しい反面、きついな・・・」と悩んでいる先生をイメージしています。

その様な成功の階段を駆け上がりつつある先生を対象に、症状の原因特定に参考になることを伝えられたらいいなと思っています。

(もし、あなたが月商50万円以下の場合は、先に繁盛院マインドの記事をご覧くださいね)

体を治すための手法に関係なく、施術家に必須な原因特定能力

特別な霊能力があり、悪い部分が黒く見えるというなら話は簡単です。しかし、それは特定の能力であり一般人には望むべくもありません。

一般人はあくまでも、目に見えるものを「より所」にして知識武装し、様々な角度から判断するしかありません。

体を治す方法は多種多様に存在する

世の中には、体を治す方法は多種多様に存在します。

なぜなら、体を診るときの視点が変われば、施術のアプローチが変わってくるからです。
例えば、

  • 筋膜という視点から見た施術法
  • 脳脊髄液の生成循環から見た施術法
  • 反射区という視点から見た施術法

という具合です。

また、症状だけに特化した施術というものもあります。

例えば、アトピーとか、パーキンソン病だけを扱うというように。

そのため、世の中には様々な施術方法があるわけです。

そして、セミナーを行ったりDVDを出したりと、世の中に出ている手法は効果があるから公表しています。

その同じ手法を学び、治せる先生と治せない先生に別れるなら、技術力の差だけではないことは明確です。

そこで、このサイトでは私の30年間臨床に携わってきた経験から言える、原因究明のヒントが伝えられたらいいなと思っています。

昨今は、誰でも・簡単・真似するだけでできる技術が流行っています。

しかし、それを使いこなすためには、技術をマスターするだけでは十分ではありません。

本当に目の前のお客様がその技術を使うタイプであるのか、症状の原因と自分の手法があっているのか判断する必要があります。

当たり前ですが、一つの手法を万人に当てはめること自体に無理があります。

腕のいい先生はたとえ同じ手法を使ったとしても、お客様に合わせ臨機応変に手加減をしています。

たとえば、力加減を変えたり、順番を変えたり、時間を変えたりという具合です。

そのため、このサイトでは、手法についてあれこれは言いません。

あくまでも「症状の原因」について、パーフェクト整体を30年積み上げてきた片平はこう考えるという視点で説明します。

あなたのお客様の臨床で、原因を見極める役に立てれば嬉しく思います。

私の整体現場では、「あちこちの院を回ったけれども良くなれないです・・・」「手術したくないです・・・」「もう1回休職したら、クビになってしまいます・・・」などというお客様が、来院することが多いです。

このサイトの診断記事も、そのような“ 整体難民化したお客様を助けたい施術家に届いたらいいな”と思って書いています。

また私は、技術を確立した施術家こそ繁盛することが整体難民を助けることになると思っています。

志の高い一群の施術家はどうしても技術を磨くことに偏るため、このサイトでは経営に関することや成功マインドも紹介しました。

整体業界は今、飽和状態になり、専門特化の院が増えてきています。

一見いいことのように見えますが、西洋医学の現場と同じようなことが起こってきています。

私たちの体は、全体として一つとして機能しています。

しかし、その一つの体をパーツごとに分断して診る専門家が増えています。

そのため、パーツパーツは良くても、全体としてみたらやっぱり苦しい、辛いと感じている整体難民のお客様は、どんどん増えているのが現実です。

そのようなことではいけないと危機感を感じつつ、この記事を通じて整体難民が助かりますようにと願っています。

今後の活動

そして今後は、体は最後は地上においていくものです。

あの世に持って帰るのは心だけです。

私自身が幽体離脱を経験し、三途の川から戻って20年近く生きた父をまじかに見て来てそれは真実です。

体を通じてご縁があったお客様の、心の悩みも救える術者を育てるのが最後の仕事だと思っています。

その活動はこれからになりますが、どこまでできるかは全くわかりません。

関心がある方は、たまにこのサイトに来ていただくか、メルマガをご覧くださいませ。