脊柱管狭窄症と病名をもらうと、年のせいとか治らない病気とか思ってしまう方は多いでしょう。

でも、病名は状態を示しているにすぎないと私は思っています。

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭窄した状態ということです。

パーフェクト整体受講の先生からお便りが届きました。

脊柱管狭窄症の症状が1回で70%改善したと言います。

これはなぜこうなるかというと、お客様の脊柱管の状態が変化したからです。

脊柱管狭窄症の手術後から続く臀部〜つま先の痛み

では、パーフェクト整体塾受講中の先生からいただいた内容をそのままご紹介します。

*** ここから ***

脊柱管狭窄症のお客様の改善が見られたのでご報告です。

ご紹介で、60代女性が来院されました。

腰痛+脊柱管狭窄症の手術後(3年前)から続いている左臀部~つま先までの痛みがあるお客様でした。

主訴は、産後の娘さんの手伝いで腰が張って痛くなったとの事でした。

左臀部~つま先まで痛みは、あまり期待してない様子で一応症状の説明をして施術をスタート!

座位で尾骨・仙骨・腰椎~胸椎・肋椎関節を調整

仰臥位で仙腸関節・脊柱起立筋・股関節・深層外旋六筋等を調整後

再検査で確認すると、左臀部~つま先の痛みが5割とれたとで喜んでもらえました。

脊柱管狭窄症手術前に、手術がイヤで何軒も病院にいったけれど腰の状態が悪くなり、しょうがなく手術をされたそうです。

手術で腰部の痛みは楽になったようですが、左臀部~つま先までの痛みはとりきれませんでした。

だから、この痛みとは一生付き合って行かなきゃいけないのかと覚悟していたそうです。

仰臥位での施術中は、体の変化を感じているのか?目を見開いて天井をずっと見ていました。

そして立ち上がって歩いて頂くと、7割痛みが取れてると大変喜んでもらえました。

「諦めていた痛みが楽になるかもしれない」と希望を持ってもらえた事が、すごく嬉しく投稿しました。

手技の精度はまだまだですが、普通にパーフェクト整体を施術するだけで、この効果は本当に凄いと思います。

P整体を学んで来て本当に良かったと思える瞬間でした。

*** ここまで ***

この投稿を読んで、お客様の心の涙が見えるような気がしました。

こんなふうに、縁あるお客様を助けていけることは施術家冥利ですね。

地域にこのような先生がいてくださることが地域の宝でもあると思います。

脊柱管狭窄症は状態だから、変わる方が自然

「脊柱管狭窄症は状態だから、変えることができる」なんて言ったら医師に叱られそうです。

でも実際は、体は刻一刻と変化しているものです。

一見同じように見えているから変わらないと感じるのも無理はないかもしれませんが。

しかし、考えてみてください。

毎日違うものを食べたり飲んだりしていれば、細胞に届く栄養素は昨日と今日では全く違います。

睡眠の質や運動などにも常時影響を受け、代謝がアップしたり免疫力が落ちたり本当に刻一刻と細胞レベルで変化しているのが体です。

そんなふうに考えれば、諦めることなんて何もありません!

生きている限り体は変化し続けます。良い方にも、悪い方にも。。。

だから、体の状態を良い方向に変えられる先生と出会えたお客様は幸せです。

まとめ

体の状態を良くしてあげたい施術家と良くなりたいお客様が出会った時、体は状態変化の方向へ舵を切ることができます。

パーフェクト整体塾には、なんとなく行う施術から抜け出して、解剖や運動生理学に基づいて体の状態を改善したい先生が、集まって来られ、本当に嬉しくありがたいことだと思っています。

そして、受講中からどんどん結果を出していかれるのは本当に素晴らしいことで、感謝の気持ちでいっぱいです。

整体師の仕事は悩める方の人生を変える仕事です。

そのくらいの心意気ある先生が、実際に多くの方の人生を変える施術者になっていくのだろうなと感じる今日この頃です。

無料で、3週間学びお客様の症状の原因特定ができる動画を手に入れる