ホームページは、開業したら必須です。ほとんどの一人院の先生はホームページをお持ちのことと思います。
一人院 集客

一人院は男性の施術家が、女性客を主な顧客として営業していることが多いでしょう。

ここでは、女性が初めてあなたの院のホームページを見たときに、「こんな情報が知りたいな・・・」と感じることをお伝えします。

私は、ホームページ制作のプロでないので、女性客が何を見ているか、感じているかという視点で参考になればと思います。

女性客が感じる不安

ネット検索で整体院を探すとき、ホームページの内容に不安要素があると、そもそも比較の対象になりません。

不安とはなんでしょうか?

ネットの向こうにいるお客様が、苦痛を抱えた状態で検索するときに感じる不安はたくさんあります。

その不安の中で、特にホームページ上で払拭すべき不安は3つです。

      1. 施術者の腕は、確かなのだろうか?
      2. 任せられる先生だろうか?
      3. 治るまでに、いくらくらいかかるのだろうか?

実績を載せる

「施術者の腕は確かなのだろうか?」と疑問に思ったとき、重要になるのは実績です。実績がたくさんあれば、ホームページを見た人は安心します。
お客様の声
私たちはネットで物を購入するときに、口コミやレビューを見て購入します。

同じように、ネットの向こうにいる方は、院を検索するとき利用者の声を必ず確認します。

そのため、まずホームページ状に実績がいかにたくさんあるかが重要です。それも、施術者が決めたターゲットが良くなった実績が必要です。

そこで、ホームページ制作では、最初に実績をたくさん集めることを意識しましょう。

「お客様の声」という実績がたくさんあるほど、先生の腕がいいのだなと安心します。

プロフィールを載せる

「腕は良さそうだ」と思ったネット検索者は、次に体を任せてもいい施術者かどうかが気になります。
ネット検索

そこで、プロフィールをチェックし、施術者の価値観や人間性を知ろうします。

女性が一人で院を訪問し、1:1で施術してもらうことになるため、価値感が合わなかったり、嫌な気分になったりするのは本能的に避けたいわけです。

例えば、お客様の声がたくさんあっても、施術者が怖くて話を聞かないようなら、やはりそのような院は行きたくないものです。

自分と価値観や考え方が合うお客様に選んでもらうためにも、プロフィールには自分なりの価値観や考え方、さらには趣味や家族のことなども書きましょう。

料金を載せる

料金はメインの料金を一つだけ載せるようにしましょう。

お客様が、自分の体にいくらお金をかけるかは、個人により異なります。また同じ人でも、子育て中と中年以降では変わることがあります。

ネットの向こう側にいる方が、その時点でいくら自分の体に投資できるか判断する目安として、料金は大事です。

その時に、メニューがたくさんある先生がやってしまう間違いが、メニュー全部を載せてしまうことです。以前の私も、いつもこれで失敗していました。

施術者側としては、色々あるから「あなたに合ったメニューを選んでほしい」という気持ちで載せているわけです。

しかし、実際のところは、初めてホームページを訪れたネット検索者は、メニューがたくさんあるほど選べなくなります。

まだ、行ったこともない院のメニューのどれが自分にぴったり合うかなど、わからないのが普通です。

そのため、料金は基本の料金を一つだけにしましょう。どうしても一つにできない場合は3つまでで止め、それ以上は載せないほうが懸命です。

院にたくさんメニューがある場合は、お客様が初回来院した時に、体調を聞きながらメニューを一緒に選ぶことで解決できます。

まずは、迷わずに1度来院していただくために、メニューは絞り込んで載せてください。

女性目線でホームページを見直してみる

男性は、理性的で左脳で仕事をすると言われます。そのため、ホームページの文章が知的で理論的です。

一方女性は、感性的で右脳で理解します。文字は見たくないし、読みたくありません。

もちろん、施術者のファンになれば話は別ですが、ネット検索して初めてたどり着いたホームページ上の文字を、女性がしっかり読むことはありません。

まずは、トップページを感覚的にザーッとスクロールして「良さそう」と思わなければ、文字を読むどころか別の院を探し始めます。

そのような女性心理を知らないばかりに、男性施術家のホームページが文字だらけ、説明だらけで損していることがあります。

文章にするとわかりずらいので動画でご覧ください。

↓↓↓

動画で説明したように、あなたのホームページは女性からどう見えているかを常に意識して作る必要があります。

まとめ

施術者が男性、ホームページ制作者も男性の場合は特に気をつけましょう。
整体 ホームページ

施術者が慣れない文章作りを一生懸命頑張理、そこそこお金をかけたのに一瞬でスルーされ、見てもらえないホームページ担っているとしたら残念です。

対策としては、あなたのまわりの女性10人ぐらいにホープページを見てもらい、率直な感想を教えてもらいましょう。

「これで院の全体像がわかるか」「何がわかりづらいのか」「どのように表現してあれば1度行ってもいいと思うのか」など、具体的に根掘り葉掘り本音を聞いてみましょう。

この場合、全くあなたの院を利用したことがない女性を探し、協力してもらってください。

すると、女性は何に不安を感じ、どこをチェックしているかがわかるので、修正箇所が見つかります。

ネットの向こうにいる方が、あなたの院を見つけたときに一目見て「良さそう」と思ってもらえるホームページ作りを心がけてください。