お客様から「胸郭出口症候群と診断されました。整体で少しでも楽になりたいです」と言われたとき、施術者はどこを診ていけばいいのでしょうか?

今回は、この胸郭出口症候群の原因とそこから見えてくる施術ポイントを説明します。

胸郭出口症候群とは

第1肋骨,鎖骨,斜角筋によって囲まれた部分を胸郭出口と言います。

胸郭出口は、上記のイラストでわかるように狭い部位です。

胸郭出口症候群とはこの胸郭出口が、なんらかの原因で狭くなると現れる症状の総称です。

胸郭出口症候群に見られる症状

胸郭出口症候群は、どのような症状を伴うのでしょうか?

胸郭出口を鎖骨下動脈と腕神経叢が通過していきます。腋窩(脇の下)まで行く過程で、鎖骨下動脈を取り巻くようにしながら腕神経叢が形成されています。

鎖骨下動脈は腕から手までに栄養を送ります。腕神経叢には腕の運動神経と知覚神経の両方が含まれています。

そのため、鎖骨下動脈と腋窩で腕神経叢が継続的な圧迫を受けると、肩から上肢にかけての痛みやしびれ、冷感などの諸症状が現れます。

一般的に多いのは以下のような症状です。

  • 腕の筋力低下、握力低下、腕のだるさ
  • 首・肩・胸鎖乳突筋のこり
  • 肋骨が痛い、呼吸がしにくい、息苦しい
  • 背中が痛い、しびれる
  • 偏頭痛
  • 自律神経の乱れ
  • 喉の痛み・違和感・圧迫

 

胸郭出口症候群の一般的に言われている原因

胸郭出口症候群は、どの部位に狭窄が起こるかで大きく以下3つに分類されます。

  1. 斜角筋症候群:前斜角筋と中斜角筋の間の狭窄
  2.  肋鎖症候群:鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙の狭窄
  3.  小胸筋症候群(過外転症候群):小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の狭窄

1.斜角筋症候群:前斜角筋と中斜角筋の間の狭窄

斜角筋隙は、前斜角筋と中斜角筋で出来た三角を斜角筋隙と言います。

この斜角筋隙の狭窄が原因で起こる症状を斜角筋症候群と言います。

この斜角筋隙間は腕神経叢と鎖骨下動脈が通ります(鎖骨下静脈は通りません)。

例えば、長時間力仕事をしたり、乗り物に乗って首を不自然な角度にしたまま寝てしまったりすることがあります。

このような場合、斜角筋に力がかかっています。斜角筋が疲労して肥厚すると、斜角筋隙が狭くなります。

このように、何らかの理由で斜角筋が緊張して斜角筋隙が狭くなったことが原因で起こる症状を斜角筋症候群と言います。

2.肋鎖症候群:鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙の狭窄

腕神経叢と鎖骨下動脈は、斜角筋隙を通過したら、次に鎖骨の下で第1肋骨との隙間を通過します。下記のイラストの丸印の部分です。

健康な人の場合の鎖骨は、上記イラストのように斜めになっています。

鎖骨端(肩峰と接触する部分)の位置は鎖骨頭(胸骨と接続する部分)よりも頭方向に高いのが正常の状態です。

しかし、正常な状態では鎖骨端が頭方向に高い位置にあるはずの鎖骨が水平になってしまうことがあります。いわゆる「なで肩」の状態です。

すると、上記イラストの丸印がついている隙間が狭くなってきます。その結果、腕神経叢と鎖骨下動脈が圧迫されます。

そして、腕や手に痺れや異常を感じるようになります。そのようにして上記イラストの丸印の部位が窮屈になったのが原因で症状が出ると、肋鎖症候群と言われます。

3.小胸筋症候群(過外転症候群):小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の狭窄

さらに、腕神経叢と鎖骨下動脈は小胸筋の停止部である烏口突起の前下を通過します。

肩甲骨が正常な状態の時は、前額面に対して斜め30度、水平面に対して45度の向きにあります。

しかし、パソコンやスマホに熱中して猫背になったままになると、肩甲骨が正常な位置よりも前内側に回り込んで行きます。

烏口突起は肩甲骨についている出っ張りで、この烏口突起に第3〜5肋骨から伸びる小胸筋がついています。

猫背になると、小胸筋が縮んだままになるためこのイラストの丸印の部分で狭窄が起こります。

この部位の狭窄は、交通事故や怪我でも起こります。また、横に寝ているときの姿勢が悪くても小胸筋が収縮したままになってしまい狭窄することがあります。

このように、原因はいろいろですが、小胸筋の下を通過するときの圧迫が原因の症状を小胸筋症候群と言います。

胸郭出口症候群のパーフェクト整体的視点から見た原因

ここまで説明してきたように、医学的には狭窄の部位によって症状名が細かく分類されています。

しかし、原因が上記3つのどれかに分類されたとしても、投薬でダメなら手術以外の方法はない場合、お客様は本当に困ってしまいます。

そこでここからは、臨床での症状改善を目的としたパーフェクト整体的観点で、原因を見ていきます。

パーフェクト整体では、診断で原因特定ができたら、すなわちそこが施術ポイントとなります。

胸郭出口症候群の原因を大きく分けると「膜」と「関節」の2つです。それぞれ見ていきましょう。

筋膜が原因の場合

筋肉を包む筋膜は、ストッキングのように筋肉を包んで、強力な膜になったり腱になったりして骨に付着します。

これが、解剖書にある起始・停止と言われる部分です。この起始・停止の筋膜繊維を触診して弾力がない場合は、その筋膜のどこかに引きつりやヨレ・癒着などがある事を示しています。

特に、普段の仕事では前傾姿勢のことが多いため筋膜が縮むのは体の前面です。そのため、胸郭出口症候群の場合に慎重な触診が必要になるのは以下の筋肉です。

表層の筋膜

  • 僧帽筋上部繊維
  • 三角筋前部繊維
  • 斜角筋
  • 上腕二頭筋短頭
  • 大胸筋

深層の筋膜

  • 小胸筋
  • 鎖骨下筋
  • 烏口腕筋

これらの筋肉の起始や停止に緊張がある場合は、それが胸郭出口症候群の原因として考えられます。

胸骨の裏側の膜が原因の場合

お客様が、次のような訴えをした場合には注意が必要です。

  • 小児喘息だった
  • 風邪をひくとなかなか咳が止まらない
  • 花粉症でくしゃみをたくさんする

など、普段よりも肋骨を激しく動かしてしまう既往症であった場合は、胸骨についている膜の動きが悪くなっていることがあります。

胸骨の表面は、スパイダーマンのような筋膜で覆われています。しかし、胸骨の「表面」だけでなく「裏側」も筋膜で覆われているのです。

以下のイラストをご覧ください。

胸骨の裏面は蜘蛛の巣状の白い膜が張り巡らされています。その膜を取り除くとこのような胸骨の裏側の景色が見えてきます。

喘息など上記で説明したような症状により胸骨の動きが制限された場合には、胸骨の裏側に張り巡らされた白い蜘蛛の巣状の膜も動きにくくなっています。

慢性化した猫背や、前内側に巻いた肩を戻そうとして施術したけれども、肩甲骨が正常な位置に戻らない場合はその傾向が強いです。

この胸骨裏面の膜に硬さがあれば、当然胸骨につながる肋骨も動きが悪くなってきます。

すると、第3〜5肋骨から付いている小胸筋が肩甲骨を前に引っ張ります。さらに、第1肋骨からつく鎖骨下筋が鎖骨を前に引っ張ります。

そのため、胸骨表裏にある膜や白線の緊張は胸郭出口症候群の原因の一つになる事があります。

関節が原因の場合

お客様の「膜」の問題が解決しても、胸郭出口症候群の症状が改善しない場合があります。

その場合は、胸郭出口に関係する関節に問題があることがあります。

例えば、

・就寝時、いつも横に寝て肩鎖関節を自重で押しつぶしている >>>  肩鎖関節および胸鎖関節の動きが制限される

・交通事故の後遺症でムチウチを経験している  >>>  下部頚椎および上部胸椎の椎間関節の動きが制限される

・年に数回は寝違えになる >>>  上位の肋横突関節と肋椎関節の動きが制限されている

このような場合は、以下に述べる関節を正しい位置に戻せば、胸郭出口の狭窄が解消します。

そこで、検査すべき関節一つ一つについて解説します。

どの関節に動きの制限があるかを見つけられれば、それがお客様の胸郭出口症候群の原因です。

椎間関節

腕神経叢は第5〜第8頸神経と第1胸神経で形成されます。それぞれの神経は、脊髄から分岐し上下の椎骨の間で形成される「椎間孔」という孔を通って背骨から出てきます。


胸郭出口症候群に関係する頸神経は、第5〜頸神経から第1胸神経です。

第5頚椎から第1胸椎の椎間関節で椎間孔が圧迫されるのは、例えば交通事故によるムチウチとか、雪で凍った道路に転倒して顔面から強打したような場合が考えられます。運動時に転倒して起こる場合もあります。

そのため、術者はそのような既往症の有無をお客様に聞く必要があります。

あなたは胸郭出口症候群と椎間関節は関係ないと思うかもしれません。

しかし、そうではありません。

胸郭出口を構成する第1肋骨は肋椎関節で椎骨とつながります。しかも、第1肋骨がつながる肋椎関節は第7頚椎と第1胸椎の椎体の側面です。

そのため、椎間関節の動きが悪いと、第1肋骨の動きも連動して悪くなるのです。あなたがもし、骨模型を持っているならしっかりと眺めて確認してください。

原因特定のためには、第7頸椎と第1胸椎の弾発検査をします。弾発検査は、仰臥位で行うとやりやすいです。

仰臥位のお客様の第7頸椎と第1胸椎に、下から術者の指を滑らせて入れます。術者の指をお客様の第7頸椎と第1胸椎の椎間関節に密着させてお客様の前方(天井方向)に軽く押し上げてみます。

術者が指で軽く前方(天井方向)に押し上げた時、第7頸椎と第1胸椎の椎間関節が動かない場合、この椎間関節の動きの制限が胸郭出口症候群の原因の一つと考えられます。

第1肋椎関節

肋椎関節は、椎骨と肋骨の接続する部分の関節です。

第1肋骨を胸骨に向かって触っていくと、鎖骨の内側1/4位の位置で第1肋骨と鎖骨は重なり合っているように感じます。

術者が仰臥位のお客様の第1肋骨と鎖骨の間に指を入れようとしても、入らないほど狭い隙間になっています。この狭い隙間を通過して、前・中斜角筋は第1肋骨に停止します。

背中を丸めていると、第1肋骨と鎖骨の狭い隙間が圧迫されてさらに窮屈になります。

すると、鎖骨で圧迫された肋骨は背面の第1肋椎関節でバランスを取リ始めます。

そして、次第に第1肋椎関節の負荷が増え、ついにはこの関節の動きの制限が起こってきます。

この第1肋椎関節が動かないと、寝違えのような症状が起こり、首を捻ったり、動かす時に刺すような痛みを感じたりします。

原因特定のためには、第7頸椎と第1胸椎の近くまで第1肋骨を触って行き、第1肋椎関節の弾発を検査します。

弾発検査は第1肋椎関節の近くまで指を移動したら、第1肋骨を軽く椎体の方に押してみます。正常な状態では、押しても第1肋骨に引っかかりを感じません。第1肋椎関節で圧が吸収されているからです。

もし、この第1肋椎関節が動かなければ、これが胸郭出口症候群の原因の一つとわかります。

胸鎖関節

胸鎖関節は胸骨と鎖骨がつながる部位です。

この胸鎖関節が狭窄することがあります。

例えば、この胸鎖関節が変だとよく訴えてくるのは中高年以降の場合です。

これは、お客様が加齢に伴い肩甲胸郭関節が動かなくなったり、四十肩を発症したりします。すると、肩甲骨がうまく動きません。

肩甲骨が動かないと、就寝して横向きになった時に肩先(肩峰)で自重を受け止めて寝てしまいます。

すると、肩峰に押されて鎖骨が胸骨の方に向かっていきます。そして、胸鎖関節が圧迫され狭くなります。

原因特定のためには、仰臥位でお客様の腕を水平外旋・水平内旋にゆっくり動かしてもらいます。

水平外旋・水平内旋とは、仰臥位のお客様が肩の高さまで腕を外転して伸ばしたところから、90度に肘を曲げた状態で、前腕を背骨と平行に動かすことです。

術者は軽く胸鎖関節を触診してお客様に水平外旋・水平内旋してもらいます。すると、正常な状態では胸鎖関節で鎖骨が胸骨とは別に動いているのが確認できます。

もし、この胸鎖関節に正常な動きがなければ、胸郭出口症候群の原因の一つです。

肩鎖関節

肩鎖関節は、肩甲骨の肩峰と鎖骨の肩峰端の関節です。

ここには、以下のイラストに示す強力な靭帯があります。

関節が正常な状態なら、腕を垂らしていると、鎖骨の肩峰端は肩甲骨の肩峰よりも少し頭方の高い位置にあります。

そして、腕を大きく回した場合には、肩甲骨の肩峰が鎖骨の肩峰端の周りをぐるりと回るように動きます。そのため、腕を挙上した時には、鎖骨の肩峰端が足方に下がり肩甲骨の肩峰が鎖骨の肩峰端の少し上に来ます。

しかし、肩鎖関節に制限が起こるとこの鎖骨の肩峰端と肩甲骨の肩峰での動きがなくなります。

そのため、腕を大きく回そうとしても鎖骨の肩峰端が高いままになり、肩峰が鎖骨の肩峰端の周りを動いていきません。

すると、肩鎖関節の動きの制限をカバーする周囲の靭帯に負荷がかかり始めます。次第に靭帯は緊張して拘縮してきます。そのため、触診すると鎖骨と烏口突起が詰まったように感じます。

烏口突起は小胸筋の停止ですから、小胸筋が短縮したままになります。そのため、肩鎖関節の動きが制限されると小胸筋症候群のような症状になるわけです。

原因特定のためには、仰臥位でお客様の腕を大きくぐるりと自分で回してもらい観察します。術者は軽く肩鎖関節を触診していると、肩峰と鎖骨の肩峰端の動きがわかります。

正常なら、腕を垂らした状態の時は鎖骨より下にあった肩峰が、腕を回していくに従い鎖骨の周りを回るように動きます。

もしこの肩鎖関節に正常な動きがなければ、胸郭出口症候群の原因の一つです。

肩甲骨上縁ー第2肋骨

第2肋骨は肩の中央で一番盛り上がっているところから下方(お客様の足方向)に軽く押すと触れてくる骨です。第2肋骨は、肩甲骨上縁のすぐ前を並走しています。

特に背中が丸いお客様や、太めのお客様の場合は、第2肋骨は肩甲骨上縁の上にはなく前にあります。

骨模型では肋骨の番号が少ないほど上にあるように見えますが、実際は違っていて第2第1肋骨は肩甲骨上縁よりも前にあるのです。

痩せていても背中を丸めてパソコンやスマホを使っている方、猫背で顎が前に出ているような方も同様です。

原因特定のためには、肩甲骨上縁の前で第2肋骨を見つけたら、肩甲骨上縁と第2肋骨が別々に動いているか確認します。

もし、この部位で膜繊維が癒着したようになりバラバラに動くことができないなら、第2肋骨も肩甲骨も動きが制限されます。

肩甲骨上縁ー第2肋骨の筋膜の癒着も胸郭出口症候群の原因の一つです。

特に、小胸筋症候群と診断されているお客様は、この部位の確認が必要です。

関節の異常を引き起こす誘引

ここまで述べてきたような、パーフェクト整体的に診た原因を引き起こす誘引は何でしょうか?
以下のことが考えられます。

  • 交通事故による追突
  • スマホやPCによる姿勢の悪さの継続
  • 怪我などでの鎖骨骨折や肩の強打
  • 喘息や風邪などによる咳で肋骨の負担増加

そのほかにも、手首や肘の異常をかばって生活していると、ゆっくり胸郭出口症候群を引き起こすこともあります。

また、体幹と四肢をつなぐ膜という視点で見た場合には、骨盤の閉鎖膜の緊張があると、胸郭出口の膜全体が固くなることもあります。これに関しては、別のところで述べることにします。

放置すると肘や手に症状が現れる

胸郭出口症候群は放置すると、別の症状に変わって行くことが多いです。しかし、お客様本人は因果関係に気づいていません。なぜなら、時間をかけてゆっくり進行するからです。

例えば、以下のような症状がそうです。

  • 四十肩
  • 指の痺れこわばり レイノー現象
  • 肘部管症候群
  • 手根管症候
  • 弾発指(バネ指)

「肘や手首の問題が、胸郭出口症候群と関係があるのだろうか」と思うかもしれません。

しかし、臨床の経験からは胸郭出口の問題を放置すると間違いなく肘や手指の問題が引き起こされます

そのためお客様が肘や手首、指の痛みを訴えた場合でも、神経の出口である胸郭出口から診察してきた方が早く原因を見つけることができます。

まとめ

胸郭出口症候群の原因を、パーフェクト整体的視点で「膜」と「各関節」に分解して説明しました。

膜の緊張度合いと各関節の動きを施術者が的確に診断できれば、胸郭出口症候群の原因を見つけることができます。

胸郭出口症候群の原因が明確になれば、あとは異常な膜や骨を正常な状態に戻すだけです。

しっかり原因を特定しましょう。

もしあなたが、いくら勉強しても解剖書に書いてある骨の部位や筋肉の位置がイマイチ明確にわからないなら、それはあなたのせいではありません。

教科書は2次元なので、3次元に変換してイメージすることが難しいのです。

あなたが、2次元の解剖知識を3次元で理解できるようになりたいなら、メルマガ登録して18回の無料動画を見てください。検査に必要な解剖知識が3次元的に身につきます。

無料で、3週間学びお客様の症状の原因特定ができる動画を手に入れる