開業しても閑古鳥が鳴いていたら、あっという間に固定費が底をつき廃業に追い込まれます。

そうならないためにはお客様に来ていただく必要があります。そのお客様を集める方法をマーケティングと言います。

しかし、1人院で繁盛したいならそれほど大げさに考える必要はありません。

ここでは、1人院集客で最初に考えること、すべきことについて説明します。

最初に確認すべきは、ターゲットのお客様を明確にすることです。

ターゲットは体が辛い人全員とか女性なら誰でもとか漠然としているとうまくいきません。

その中でも、どのようなタイプのお客様を助けたいのか明確にしましょう。

そして、そのターゲットのお客様に来院してもらうために何が必要かを考えて行くことが大切です。

お金をかけずにできることから始める

お金をかけずにできることとは何でしょうか?

あなたは施術用のテーブルさえあれば、いつでもどこでも施術できます。

そう、お金をかけずにできることは、モニターさんを施術することです。

無料やワンコインで施術してもいいならたくさんのモニターさんを集めることができます。

モニター募集

実は、このモニターさん施術には目的があります。それが「実績作り」です。

残念ながら、開業して日が浅い先生のところに好んで通うお客様はおりません。なぜなら、信用できないからです。

そう、信用できるだけの実績がないから不安なのです。

では、開業後まだ日が浅い先生はどのようにしたら信用してもらえるのでしょうか?

不思議なもので人は、整体院の先生は信用しなくてもお客様の声(実績)は信用します。

開業後日が浅い先生には実績がない。ところが、実績がなくては人が来ない。この矛盾を解決する必要があるのです。

そこで、採算を度外視して最初にすることは実績づくりと腹をくくりましょう。

実績があれば、それを見て安心したお客様が来院するのですから。

このように、実績を作るためにモニターさんを施術するわけですが、その際いくつか気をつけるべきことがあります。

1.モニターの対象者

モニターをお願いする対象は、どのようなお客様とお付き合いしたいかターゲットを明確にしてください。

誰でも来てくださいと言っても、近隣にたくさんの整体院があればあなたの院に行く理由はありません。

もし、更年期のホットフラッシュでお困りの方といったら明確です。朝起きても疲労が抜けていない30代社長と言ったら明確です。
まずはじめに、あなたがどのようなお客様と付き合いたかを明確にしてください。

2.モニターの料金設定

モニターはあなたに自信があるなら有料でもいいです。練習台になっていただきたい気持ちが強ければ0円でもいいです。

ただし、0円はお客様が意外と気を使ってしまうものです。施術回数を多くして実績を作りたいなら、ワンコインでもいいので少しお金をいただいた方が長く来てくださいます。

あなたのターゲットや地域性、ライバル院の有無などを考慮して判断してください。

3.モニターの条件

実績づくりが目的のため、実績の公開を許可してくれる人をモニターに選ぶ必要があります。
そのために最初にモニターの条件を決めましょう。条件とは以下のようなことです。

  • 各種メディアに掲載可能なこと(HP、ブログ、youtube 、広告など)
  • 顔写真を載せてもらえること
  • お客様の声を書いてもらえるもしくは動画で答えてもらえること
  • 決めた回数は必ず来ていただけること
  • 結果が出たらお友達にも紹介してもらうこと

実績がない人を人は信用しない

あなたも初めての物を購入する時は、アマゾンレビューや食べログ、ネット検索などで利用者の情報を確認してから購入すると思います。

だから、整体院開業においても実績が大事です。

ぜひ、これを参考に実績づくりをしてください。

近隣のライバル同業者を調べる

お金をかけずにできることとして、ライバル院の調査もできます。

例えば、あなたのライバルではないかと思われる整体院のHPを見てください。1つではなく5〜10個くらいサイトを見比べましょう。

すると、なんとなく行ってみたいと思う院と、やめておこうと感じる院があります。

その時、なぜあなたがそう思うのかをメモに落としていきます。

ここで大切なのは、あなたがどう感じるかでいいことです。

あなたの院は、あなたの価値観に合う人しかお客様として定着しないからです。

書き出したメモをよく見ると、何か気づくと思います。

例えば、不安要素として

  • 院長の顔写真がない
  • 院の雰囲気がかわからない
  • 施術方針や施術内容がよくわからない
  • 実績が1人2人しか載っていない
  • 先生が言いたいことだけしか書いていない

などと、色々あなたが感じるマイナーな要素が出てくると思います。

それらを参考に、自分だったら行きたい院には何が必要かを洗い出して自院のHPを工夫しましょう。

ライバル院調査でも、HPに先生の実績が載っていない院は、行きたいと思わないことに気づくと思います。

このように、何と言っても最初に実績が必要なのです。

実績といっても、何か雑誌に載ったとか新聞に取り上げられたとかではありません。生のお客様の声がたくさん載っていればいいのです。

ネット検索中のお客様は、自分と同じ症状が解消した例があれば安心します。

そのため、あなたのターゲットを明確にして実績づくりをする必要があるのです。

開業当初は相場よりも1〜2割安い料金設定にする

少し安めに料金設定する目的は、数をこなすことで自分に自信をつけることと実績をさらに増やすことです。

相場よりも1〜2割安い料金設定にすると気持ちが楽

開業して日が浅いと、臨床経験が少ないためなかなか技術に自信が持てないのが普通です。

コミュニケーションスキルも未熟です。接客業に慣れていないと、電話対応や問診での対応がうまくできないかもしれません。

そのため、実績づくりをしながら、安い価格で来てくれるお客様を数多く施術した方が精神的負担が少なく早く上達できます。

すると、数をこなした分自信がつき、コミュニケーション能力も高まり信頼関係を築きやすくなります。

自信をつけることが大切

自信とは何でしょうか?「自分はできそうだ」と潜在意識で思えることが本当の意味での自信です。

理由は必要ありません。

なんとなく「できるはずだ」「できそうだ、」「自分なら絶対できる」と思えることが自信です。そのような漠然としたものが自信の正体です。

オリンピック選手などが競技後のインタビューで「たくさん練習して来たので、自分を信じて自信を持って臨めました」と言っています。

逆に同じ選手でも怪我すると「今回は練習不足でした。次回はたくさん練習して自信を持って臨みます」と言っている光景もよくテレビで見かけます。

このように、技術においては数稽古することが自信につながるのです。数稽古するには、たくさんのお客様にに来ていただく必要があります。

あなたが開業して日が浅ければ、まだ近隣からの認知度は低いでしょう。

見込み客はあなたの院をよく知らないのですから、比較の基準は料金のみです。ですから、開業当初の料金は先発の同業者よりも少し安く設定したほうがいいのです。

料金を安く設定してあれば、お客様がいくつかのHPを見比べ、料金が安いあなたの院を選ぶ可能性が増えます。その結果、必然的にお客様は徐々に増えて来ます。

たくさんのお客様を施術して得られる効果

そのようにして、あなたがたくさんのお客様を施術して得られる効果とは何でしょうか?

  • 自分の施術スタイルを確立できる
  • コミュニケーション能力が上がる
  • 次回予約への導線を作ることができる
  • お客様から見ると、あなたへの信頼残高が増えていく
  • 自分に自信が持てるようになる

このような効果が見込めます。

もちろん、この期間は修行期間だと思ってください。この期間に技術、コミュニケーションスキル、お客様の気持ちの動きなどを観察してスキルアップをしてください。なんとなく過ごすのではなく、密度濃い学習の期間と位置付けましょう。

例えば、私のハワイサロン開業の時もこのようにしました。ハワイでは私が施術するわけではなく現地雇用の院長が施術することになりました。

やはり、リーズナブルな料金体系でスタートしました。その結果、3ヶ月で予約帳は2週間先まで70%ほど埋まるようになりました。

安い料金設定で行うと、もう一つメリットがあります。それは、紹介が起こりやすいことです。他より安いというだけで、紹介された方は「1度くらいなら試してもいいかな」という気持ちになる可能性が高まります。

紹介は、広告費がかからない広告です。

紹介の場合、ある程度紹介者から話を聞いて来院するので、最初から信頼関係が築けていています。信頼関係があれば治りが早いのは当然です。

そして、症状が改善したお客様には、「同じ症状で悩んでいるお友達に、紹介してください」と言ってみましょう。

このように、開業して日が浅いうちは、近隣の同業者の相場より安い料金設定をしてください。

その目的は、数をたくさんこなして自信をつけ、お客様の信頼を得ることです。この間の実績を蓄積することも忘れないでください。

安い料金の考え方

相場よりも1〜2割安い料金設定にするため、あなたは「安く始めたらどのようにして値上げするのだろう」と思われるかもしれません。

そこは、勘違いしないでください。値上げするのではありません。認知度をあげるために今の期間だけ正規料金より安くしているのです。

お客様にはそのことをしっかり伝えておきましょう。

「来年の●月からは正規料金になります。今はこの院の存在を多くの方に知って欲しいので正規料金より●%お安くしています。この機会に良くなってしまいましょうね」と言っておけばいいだけです。

そして実際に、来年の●月からは正規料金にしましょう。正規料金とは、あなたが希望する施術料金のことです。

値上げの心配を気にすることなく、相場よりも1〜2割安い料金設定したこの期間に、先生は自信がつき実績が蓄積します。

お客様は近隣より安く施術を受けられます。お互い [Win – win] の関係構築ができます。

重症なお客様を1年間無料で施術

軽症のお客様はどこの院に行っても良くなることができます。

疲労回復や癒しが目的なら、自宅や職場の近くで相性がいい院を見つけられれば十分です。

一方で、どこの院に行っても治らず困っているお客様もたくさんおられます。

私は、そのような客様を助ける先生が増えることを切に願っています。パーフェクト整体メソッドは、そのためのスキルとして提供しています。

もしあなたが、リラクゼーション目的、ストレス解消目的などの施術をされているなら、この後の項目は該当しないのでスルーしてください。

しっかり治せる施術者になりたい先生へ

では、しっかり治せる施術者になりたいあなたに向けての提案を、ここから伝えます。

あなたが、お金がなくて広告はかけられないけれども、なんとか将来「あの先生に診てもらえば大丈夫」と評判の先生になりたいとしましょう。

その時には、短期的な視点と長期的視点という2つの視点で物事を見る必要があります。短期的視点とは上記で述べてきたようなことです。

ここでは、長期的視点で見た技術者視点の話をします。あなたが技術向上し、かつ紹介につながる方法です。

くれぐれも、この方法は短期的な目で見たら何も起こらない方法ですので、長期的視点で考えてください。

あなたの今の施術で良くならないお客様を、治るまで無料で施術する

その方法とは、あなたのターゲットに該当する方で、あなたの今の施術では良くならないお客様を1人か2人見つけてください。


そしてそのお客様が治るまで無料で施術させていただくという方法です。

本当に、治るまで無制限に無料で施術させていただくのです。

するとあなたは、いつまでも無料でやるのはきついからなんとか治せる方法はないかと真剣になります。

その真剣さが、今まで気づけなかった治療に必要な何かを、あなたが発見する推進力になります。

もちろん、無制限で無料で施術するのがきついと感じるなら、半年とか1年とか時間を区切って提案しても構いません。

しかし、その気持ちがもうすでに「技術求道者ではない」とも言っておきます。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

無制限に無料で施術するか、期間を切って無料で施術するかをまず選択してください。

該当するお客様に提案する

まず、該当するお客様に無期限での施術提供を提案をしてみましょう。

もし、協力すると言ってくれたお客様が現れたら心から感謝してください。

治るかどうかわからないのに、あなたに体を預けるお客様は神様の使者です。

真心を込め、研究心を持ち、かげで勉強しつつ毎回の施術を無心に行ってください。そして、ただひたすらお客様の体の声を聞くことと向き合ってください。

そのようにすれば、必ず改善へのヒントや答えが見つかります。そのような苦労を経て初めて、あなたは技術者としてステージが上がっていきます。

提案の目的

この提案の目的は2つあります。一つはあなたのさらなる技術向上を確実にするためです。

もう一つは、「重症でも良くなるよ」という口コミを自然発生させるためです。

この際に気をつけることは自分の中にいる、「適当に妥協するもう1人の自分」と、とことん戦うことです。

ラクしたい気持ちや、結果がでない苦しみと戦った先にのみ技術向上への道はつながっているのです。

本当の技術求道者であるならば、口コミしてもらおうと思う必要すらありません。ひたすらに治せる方法を模索してください。

このような辛辣な提言に打ち勝って、この方法を試したあなたにはいい事が起こります。

周りから見て明らかに重症だった人が、表を歩いているのです。

それを見たら、第3者は勝手に何かを言い始めます。「どうしたの?」「何をして良くなったの?」と。

あなたが喉から手が出るほど欲しい口コミは、本当はこのようにして起こるのです。

小手先のテクニックを使っても紹介は起こります。しかし、所詮小手先です。

何もしないよりはいいかもしれませんが、技術者としても王道を歩みたいなら王道で勝負したいと思いませんか?

ちょっと厳しいことを書いたかもしれません。

できれば、お客様が良くなった段階で、「お客様の声」や「こうして良くなりました動画」も許可を得て撮らせてもらいましょう。

また、エキテンなどでレビューを書いてもらえないかも聞いてみてください。書いてもらえたらありがたいですね。

 

まとめ

1人院の集客では、最初はお金をかけないでできることを考えることです。

そして、何よりも優先してべきことは、「ターゲットを絞り」「実績を作る」ことです。

そのような視点で院の現状を見て行くと、あなたが自院ですべきことが明確になります。

技術を職業とする場合、順番は技術向上が先で集客は2番目です。

この順序を逆にすると、マイナスの口コミが広がりかねません。

技術者として、すべきことを淡々とこなしていけば、明るい未来が自ずと見えてくるでしょう。